コンテンツにジャンプ
埼玉県共助のポータルサイトです

組織構成について

埼玉利根保健医療圏医療連携推進協議会とは?

地域における医療課題の解決を図るため、国が平成22年1月29日に採用を決定した「利根保健医療圏における地域医療再生計画」の実現に向け、「埼玉利根保健医療圏医療連携推進協議会」を平成22年7月20日に設置し、「かかりつけ医カードと医療情報のネットワーク化による地域医療ネットワークシステム」の構築を図るための検討・協議を重ねてまいりました。当協議会では、この地域医療ネットワークシステム(愛称「とねっと」)を管理運営し、平成24年4月1日から試験運用、7月1日から本格運用をいたしました。

埼玉利根保健医療圏医療連携推進協議会の構成委員
区分役職委員
圏内医師会副会長行田市医師会長
副会長北埼玉医師会長
副会長加須医師会長
副会長南埼玉郡市医師会長
副会長北葛北部医師会長
圏内自治体 行田市長
会長加須市長
羽生市長
副会長久喜市長
蓮田市長
幸手市長
白岡市長
宮代町長
杉戸町長
事業実施者 加須市医療診断センター
北埼玉医師会立メディカルセンター
社会福祉法人恩賜財団済生会支部埼玉県済生会栗橋病院
一般社団法人巨樹の会新久喜総合病院
社会医療法人壮幸会行田総合病院
社会医療法人ジャパンメディカルアライアンス東埼玉総合病院
医療法人土屋小児病院
埼玉県 加須保健所
幸手保健所

地域医療ネットワークシステム「とねっと」とは?

埼玉利根保健医療圏医療連携推進協議会が構築し、管理運営する「地域医療ネットワークシステム(愛称「とねっと」)は、IT技術を活用して複数の医療施設にまたがる診療情報等を共有化し、住民(患者)の皆さんを中心とした一貫性のある切れ目のない医療サービスを提供します。

地域の医師や看護師不足の中、限られた人材や高度医療機器などを有効活用し、地域のかかりつけ医と中核病院が役割を分担しながら連携し、地域全体で住民の皆さんの医療を完結していくものです。また、救急隊(救急車)が現場でこのシステムを活用し、迅速で的確な救急活動に役立てていくものです。